断章318

 サルの尻は赤い。この真っ赤で目立つ尻は、発情期を表す性的アピールとしての役割をもっている。四足歩行のサルのオスの強さや元気さは、目線の高さにある尻に現わされ、最も赤い尻こそエネルギッシュで元気な証拠として、オス同士の争いでも優位に立ちやすいとされている(クジャクのオスは大きく鮮やかな飾り羽を持ち、それを扇状に開いてメスを誘う)。

 

 直立二足歩行をするようになったヒトのオンナでは、「サルにおいてあれほど有効であった〈後方に向かう性の信号〉はもはや意味をなさない。しかし、何らかの信号は不可欠であり、しかもそれは前方へ向かって発せられねばならなかった。そこで尻と性器のコピーを体の前面に作った。尻のコピーは大きな乳房で、発情した性器のコピーは、赤くめだつ唇で・・・」(日高 敏隆)という見解がある。

 

 単純に、「赤い唇は若さと健康の象徴」なのだという見解もある。だとしても、「人は見た目で他人のことを判断しています。『人を見た目で判断してはいけない』とよくいわれるのは、それだけ見た目で判断していることの裏返し。たしかに、じっくりと関係を築いていかなければ、相手のことは理解できません。ですが、最初にどんなふうに相手に接していいかを間違えば、関係を築くことすらできないわけです。それは、恋愛のように繁殖のパートナーを探すことでも同じ。さまざまな目で見てわかる情報を利用して、相手のことを知ろうとします。その意味で唇は、相手の年齢や健康状態を探る、重要な視覚情報」(マイナビ)なのだから、“繁殖”と関係しているのである。

 

 「赤いふっくら唇が魅力的だ」と聞く ―― 「チンパンジーのメスは発情が来るとお尻のピンクのところがプーッと腫れます。なので、お尻が腫れているメスは『モテ期』になります」(よこはま動物園・ズーラシア)と同じなのである。

 「若い男と女がまずキスで始めるのは、まねごとで2人の関係を確認していることになる。コクマルガラスというヨーロッパ産のカラスのメスは、交尾の姿勢を真似ることによってオスの求愛を受け入れて婚約する。人間の女は〈唇を許す〉ことによってyesを表現するのと、どこが違うのであろうか?」(日高 敏隆)。

断章317

 「人間とチンパンジーは、共通の祖先から進化したものの、その祖先たちがどのような見かけだったのかは、はっきりとわかっていない。化石による記録は、共通の古代の祖父母たちは、今日の人間よりもチンパンジーの姿にずっと近かったことを強く示している」(ウィリアム・フォン・ヒッペル)。

 しかし、原始人から原人、旧人、新人へと進化するにつれて、ヒト属(ホミニン)の脳容量は大きくなっていった。

 「進化の歴史の中で、哺乳類の時代になり大脳新皮質が増大し、特に霊長類では、大脳新皮質は飛躍的に増大拡大していった。大脳新皮質の増大の進化的要因は、群れの生活での情報を収集するためであり、群れが大きい動物ほど大脳新皮質の占める比率が高い。ヒトでは、脳全体の8割が新皮質であり、この新皮質の中の前頭連合野が高次の認知や思考・判断・言語・推論を行っており、精神活動を営む中心的な脳領域へと進化したのである。前頭連合野は系統発生的にはヒトで最も発達した部位であり、個体発生的には最も遅く成熟する。

 つまり、ヒトはチンパンジーと分岐した後、500万年から700万年かけて、複雑な群れでの情報収集と情報交換のために、音と意味を組み合わせた言語音声をつくり、言語情報を制御する新しい神経回路を進化・発展させた。これが大脳新皮質大脳連合野なかでも前頭連合野の飛躍的な増大につながったのである」(網野 ゆき子)。

 

 脳の増大を可能にしたものは何だったのだろうか? 

 「近年のゲノム解析で、チンパンジーなど他の哺乳動物にあってヒトでは失われたDNA配列が500カ所以上見つかった。そのうち3つの配列は遺伝子を調節するスイッチとして機能していた。

 ヒトの遺伝子は、全部がすべての細胞で常に活性化しているわけではない。細胞によって異なる活性パターンをとることで、体の各部分がうまく発達し、それぞれ違った機能を持つようになる。遺伝子をオンにするスイッチは『エンハンサー』と呼ばれる。1つの遺伝子に対し、それを制御するエンハンサーが複数存在する場合があり、これが場所ごとに遺伝子の活性を変えている。他の動物にあってヒトにないスイッチは、ヒト特有の形質をもたらしたと考えられる。

 1つの欠失は脳の成長を促し、別の1つの欠失は夫婦の絆を深めたとみられる ―― この欠失によるペニスの棘(陰茎棘)の消失は、人類進化の道筋に大きな影響を及ぼした変化の1つだと考えられる。霊長類の過去の実験では、陰茎棘を除去すると交尾時間がざっと1.7倍に伸びることが示されている。このことから、陰茎棘の消失は、棘のあった祖先よりも性行為を長く、ひいては親密なものにした変化のひとつだったと思われる。もう1つのスイッチの欠失は直立歩行を促進したとみられる」(『人間らしさの起源』別冊日経サイエンス242)というP・L・レノたちの仮説がある。

 

 大きな脳を持ち、「考え、学習し、意思疎通し、環境を制御する私たちの能力が、人間を他のいかなる動物とも全く違う存在にした」(同前)。

 

 その結果、「私たちは、理性を讃(たた)え、曖昧で厄介なものとして情動を見下す時代に生きている。とはいえ、ヒトという種の基本的な欲求や願望、こだわりを避けて通ることはできない。私たちは血と肉からできているので、食物、セックス、安全を筆頭に、特定の目標を追い求めるように駆り立てられる。それを考えると、『純粋理性』という概念全体が、純粋な作り事のように見えてくる。裁判所の判事は昼食の前よりも後の方が寛大であることを示す研究の話を聞いたことがあるだろうか? 私にしてみれば、人間の論理的思考力など、突き詰めればこの程度でしかない。合理的な意思決定を、心的な傾向や無意識の価値観、情動、消化器系から解放することは事実上不可能なのだ」(フランス・ドゥ・ヴァール)。

断章316

 わたしたち人間とは何者なのか、どのようにして現在にたどり着いたのか?

 「人間と近縁の類人猿との共通点を考えるとき、なんといっても比較がいちばん簡単なのはチンパンジーのオスと人間の男性だ。チンパンジーのオスは集団で狩りをし、政治的ライバルに対抗して同盟を結び、団結して敵対関係にある近隣の群れから縄張りを守るが、同時に彼らは、地位やメスを巡って張り合う。この連帯と競争の緊張関係は、スポーツチームや企業に所属する人間の男性には非常になじみ深いものだ。男性は仲間内で激しく競争する一方、自分たちのチームが敗北しないためには互いが必要であることも知っている」(フランス・ドゥ・ヴァール)。

 

 また、ある研究者の報告によれば、「8歳になったチンパンジーのアイが学習室のコンピューターの前で、正答のときに出てくるほうびの食べ物が、実際は出ているのに、出ていないふりをして、二回もだました」そうである。この報告で興味深いのは、「だまそうとしたことが発覚した後、このチンパンジーは、研究者が顔をのぞきこむと、視線をそらして、まばたきをし、実にバツの悪い表情をしたくだりである。嘘をついていることが明らかになった時、相手の視線に耐えられずに視線をそらす心理は、ヒトに極めて似たものであり、欺きといい、発覚した後の心理も、ヒトに酷似している」らしい。

 

 チンパンジーボノボなどの「ヒトに似た形態を持つ大型と中型の霊長類を指す通称名が類人猿である。ヒトの類縁であり、高度な知能を有し、社会的な生活を営んでいる(引用者注:なので、彼らには、〈正義〉と〈政治〉の萌芽形態がある)。類人猿は生物学的な分類名称ではないが、生物の分類上都合が良いので霊長類学などで使われている」(Wiki)。

 「霊長類とは、動物分類学上での霊長目(Primates)に相当し、動物の首長たるものという意味である。原猿類、新世界ザル、旧世界ザル、類人猿、ヒトなどを含み、現存するものは約200種知られている」(霊長類研究所)。

断章315

 「近ごろでは、ヒトと類人猿の近縁関係はしだいに受け容れられてきている。たしかに、人間が自らを特異な存在とする主張が出尽くすことはけっしてないだろうが、そうした独自性の主張で10年以上もつものはめったにない。ここ数千年の技術の進歩に幻惑されることなくヒトという種を眺めたときに目に入るのは、血と肉からできた生き物で、その脳は大きさがチンパンジーのものの3倍あるとはいえ、新しいパーツはまったく含んでいない。私たちの自慢の前頭前皮質でさえ、他の霊長類と比べれば標準的な大きさでしかない。人間の知性の卓越性を疑うものはいないとはいえ、私たちの基本的欲望や欲求で、近縁の動物たちにも見られないものなどひとつとしてない。サルも類人猿もヒトとまったく同じで、権力を獲得するために骨を折り、セックスを楽しみ、安全と親愛の情を求め、縄張りを巡って相手を殺し、信頼と協力を重んじる。もちろん人間にはコンピューターや飛行機があるが、私たちの精神構造は他の社会的な霊長類の精神構造のままだ」(『道徳性の起源』フランス・ドゥ・ヴァール)。

 

 しかし、ヒトによる“殺人”を見れば ―― 例えば、凄惨な茨城殺人事件で逮捕された男(まだ容疑者である)は、少年時代に連続通り魔事件を起こしたいわくつきの男である。週刊誌によれば、「人を殺してみたかった」と供述したらしい。あるいは、名古屋大学の女子大生が知人女性(当時77歳)を殺害した殺人事件。「子供のころから人を殺してみたかった」と供述している。昨22日のニュースでは、中米エルサルバドルの法務・治安省は21日、北西部チャルチュアパで8日に女性2人の殺人容疑などで逮捕された元警察官の自宅庭から、少なくとも8人の遺体が発見されたことを明らかにした。地元報道によると、容疑者は47人を埋めたと話しているといい、さらに増える可能性が高い。逮捕されたのはウゴ・オソリオチャベス容疑者(51)。2010年に強姦(ごうかん)罪などで服役していた刑務所を出所。直後から女性を拉致した上で暴行を加え、殺害していったとみられる ―― 、心穏やかではいられない。

 

 「私たちは誰かが非道な振る舞いを見せると、『獣(けだもの)のような』などと口走ってしまう。だが、その手の比喩は『恐ろしい侮辱』だ ―― 動物たちに対して! 人間は崇高で理性的・道徳的であり、動物はすべて衝動を抑えられず、本能の命ずるままに勝手放題のことをしているというのは、たいへんな勘違いであり思い上がりなのだ。動物に身近に接している人、そして、人間をよく観察している人なら、人間と動物の境界(とりわけ霊長類との境界)が、そこまで単純で確固たるものでないのを知っているはずだ」(『道徳性の起源』訳者あとがきから)。

断章314

 「家族の起源」「社会の起源」「攻撃性と葛藤解決」「文化の起源」などは、まずサルに聞けである。

 

 「ヒトに最も近い類人猿には、シンボルを理解し操作する能力があり、ヒトと同じ水準でないにしても類似の思考能力がある。(中略)

 言語は、情報を共有すべき社会集団の出現と、のどの構造の変化さえ起これば、現在のチンパンジーやピグミーチンパンジーなみの認知能力で可能ということになる。

 家族の起源、複雑な道具の制作と使用の技術の伝達、右手の利き手としての確立、喉頭の位置の変化が、有節言語の出現と密接な関係があるだろう。利他行動としての情報の伝達は、親子や、兄弟姉妹、夫婦の間で芽生えるべきである。道具使用の複雑なスキルの問題がなければ、言語は必要なかっただろう。道具製作と右利きは、言語中枢が左脳にあることと関係があるだろう。まず間違いなく、言語を話し始めたのは女性であり、母親であった。かれらは左手で赤ん坊を抱き、右手では石器を使って堅果や地下茎を叩き割ったのである。こういった推測は当てずっぽうでなく、霊長類学の根拠がある。・・・チンパンジーはメスの方がオスより道具の使用に高い能率を示す。また母親のチンパンジーは、小さい赤ん坊を左腕で抱くことが多い。そして、人間の女性は男性より高い言語能力を示す」(『人間性はどこから来たか』西田 利貞)。

 

 「類人猿の食物分配は、独立個体間にも頻繁に生じ、しかも〈惜しみ〉が見られることで、多くの動物に見られる親から子への給餌行動や求愛行動の一環としての食餌行動と区別できるし、しなければならない。

 〈惜しみ〉とは、接近個体を避ける、分配反応が遅れる、少量または質的に低いものを接近個体に取らせるといった、食物保持者の『消極的態度』を示す。

 〈惜しみ〉の行動要素を人間がしたら、私たちはその人物を〈けち〉とか〈意地汚い〉とか躊躇なく評価するだろう。それは、食物を分け与えるものと考えているからである。同じく、類人猿の食物保持者は、〈惜しみながら〉、〈嫌々ながら〉相手に一部を取らせる。私たちは、その態度に何を読みとれるだろうか? その態度は少なくとも、彼らが、食物の〈価値〉がわかっていること、にもかかわらず、食物への〈欲求を断念〉していることを同時に、明瞭に示している。

 チンパンジー属の食物分配をみると、これまで考えられていた以上に、チンパンジー属の食物分配は社会学的に深い意味をもっていることが見えてくる。たとえば、食物を保持している個体の欲求の断念過程を分析的に追うことによって、欲求する自己の抑制が生じていること、欲求と分配行為の乖離から、チンパンジーボノボなりの自己の客観視や他者理解のありようを推測することができる。その結果は、動物心理学実験・人工言語訓練等で明らかにされてきたチンパンジー属の認知能力と整合するだけでなく、類人猿の実際の社会交渉がそうした認知力によっていることを裏付けるのである。

 さらに、食物分配の交渉を追っていくと、チンパンジーボノボの社会ではすでに、〈価値〉や〈所有〉や〈信頼〉がそれなりの萌芽形態で機能していると気づくし、〈欲求の断念〉が食物をコミュニケーションのメディアにすることや、逆に断念が作用しない、共同性の喜びが分配と連動する〈コムニタス的食物分配〉(引用者注:コムニタスとは、争いがなく居心地のよい集団のこと)といった、食物分配とひとくくりできない諸相のあることが明瞭になってくる。付け加えておくと、動物界の食物分配として引き合いに出される、オオカミの全員での獲物の消費には、これらいずれの特性も認められない。

 食物分配は類人猿においても、欲求する自己と他者の欲求がわかる自己との葛藤をもたらす。この〈自己の二重化〉は、〈自我意識〉にほかならない。こうして展開していくと、チンパンジーボノボの社会が萌芽的な自己の客観視や自我意識をもった者たちが作る社会であることがわかってくる」(黒田 末寿の論考を再構成)。

断章313

 さる14日、「丹波の山ザル」が死んだ。

 「世界的な霊長類学者で、兵庫県人と自然の博物館名誉館長、京都大名誉教授の河合雅雄氏が14日午前、老衰のため丹波篠山市の自宅で死去した。97歳。丹波篠山市出身。故・今西錦司氏の門下で生態学と人類学を専攻し、アフリカで霊長類進化学を研究。(中略)

 野外調査に重点を置いて、芋洗い行動などニホンザルの社会構造を解明し、サル学の権威として海外でも知られた。(中略)

 終生『丹波の山ザル』を自称した」(2021/05/15 神戸新聞)。

 「児童文学も執筆。現代社会で子どもが集団行動を通じて想像力や社会性を養う環境が薄れつつあることに警鐘を鳴らした」(2021/05/15 日本経済新聞)。

 

 人間はどこから来たのか。人間とは何なのか。そもそも人間とはいかなる存在なのか。このような問いに答えようと思ったら、サル学を知るべきである。「サル学」は、人間(ヒト)の本性(普遍本質)の深い理解に不可欠な学問である。

 

 「チンパンジーの社会は、アルファオス(第一順位のオス)を頂点としたきびしい階級社会で、下位(下っ端)のサルはいつも周囲に気をつかい、グルーミング(毛づくろい)などをして上位のサルの歓心を得ようと必死だ。

 そんなチンパンジーの群れで、順位の低いサルを選んでエサを投げ与えたとしよう。そこにアルファオスが通りかかったら、いったいなにが起きるだろうか。

 アルファオスは地位が高く身体も大きいのだから、下っ端のエサを横取りしそうだ。だが意外なことに、アルファオスは下位のサルに向かって掌を上に差し出す。これは『物乞いのポーズ』で、“ボス”は自分よりはるかに格下のサルに分け前をねだるのだ。

 このことは、チンパンジーの世界にも先取権があることを示している。序列にかかわらずエサは先に見つけたサルの“所有物”で、ボスであってもその“権利”を侵害することは許されない。すなわち、チンパンジーの社会には(自由の基盤である)私的所有権(引用者注:のようなもの)がある。

 二つめの実験では、真ん中をガラス窓で仕切った部屋に2頭のチンパンジーを入れ、それぞれにエサを与える。このとき両者にキュウリを与えると、どちらも喜んで食べる。ところがそのうちの一頭のエサをブドウに変えると、これまでおいしそうにキュウリを食べていたもう一頭は、いきなり手にしていたキュウリを投げつけて怒り出す。

 自分のエサを取り上げられたわけではないのだから、本来ならここで怒り出すのはヘンだ(イヌやネコなら気にもしないだろう)。ところがチンパンジーは、ガラスの向こうの相手が自分よりも優遇されていることが許せない。

 これはチンパンジーの社会に平等の原理があることを示している。自分と相手はたまたまそこに居合わせただけだから、原理的に対等だ。自分だけが一方的に不当に扱われるのは平等の原則に反するので、チンパンジーはこの“差別”に抗議してキュウリを壁に投げつけて怒るのだ。

 三つめの実験では、異なる群れから選んだ2頭のチンパンジーを四角いテーブルの両端に座らせ、どちらも手が届く真ん中にリンゴを置く。初対面の2頭はリンゴを奪い合い、先に手にした方が食べるが、同じことを何度も繰り返すうちにどちらか一方がリンゴに手を出さなくなる。

 このことは、身体の大きさなどさまざまな要因でチンパンジーのあいだにごく自然に序列(階層)が生まれることを示している。いちど序列が決まると、“目下の者”は“目上の者”に従わなければならない。ヒトの社会と同じく、組織(共同体)の掟を乱す行動は許されないのだ。

 このようにチンパンジーの世界にも、『自由』『平等』『共同体』の正義がある。相手がこの〈原理〉を蹂躙すると、チンパンジーは怒りに我を忘れて相手に殴りかかったり、群れの仲間に不正を訴えて正義を回復しようとする。興味深いことに、自由主義、平等主義、共同体主義はいずれも『チンパンジーの正義』とつながっているのだ」(橘 玲)。

断章312

 孫 正義は、ばくち打ちになった。本人自ら、そう認めている。

 ソフトバンクグループ(SBG)は、アメリカのアップルに次ぐ世界第2位の巨額利益を得た。だが目下のところ、マーケットの答えは、ソフトバンクグループの株価“急落”である。

 

 「ソフトバンクグループは12日、2021年3月期の連結純利益が4兆9879億円になったと発表した。韓国ネット通販大手クーパンの上場などがけん引し、日本企業として過去最大の純利益を計上。世界的にも米アップルに次ぐ2位の巨額利益を得たことになる。

 会見した孫 正義会長は、巨額の利益を得たことに『たまたま』を3度繰り返して、上場した投資先企業が人気を集めたことなどが偶然重なったためだと結論づけた。

 しかし同時に、自身は『5兆円や6兆円で満足する男ではない。反省点が分かっていれば成長余地はある。製造業のように上場企業を生み出していく』と、成長加速へ貪欲な姿を強調した。

 前期のファンド事業の投資利益は7兆5290億円。3月にニューヨーク証券取引所NYSE)に上場したクーパンの評価益が2兆5978億円と巨額になり、外部投資家の持ち分増減額を控除した投資利益も4兆268億円と、前期の1兆4125億円の赤字から一転大幅に黒字化した。

 会長は業績の大きな振れについて『この先も株価の上下で(業績は)上がったり下がったりする。ソフトバンクグループにとって、1~2兆円の利益や赤字はニューノーマルだ』と解説。『〈孫はばくち打ちになった〉と思う人もいるだろう。ひとつの正しい見方で否定はしないが、AI革命に強い関心を持ち、先端技術の学習を継続している』と主張した。

 同社は今期業績見通しを『未確定な要素が多い』として開示していないが、会長は21年中に投資先の上場企業数が『昨年を大きく上回ると見込んでいる。すでに準備中だ』と明らかにした」(2021/05/12 ロイター通信)。

 

 「4月の米消費者物価指数(CPI)の総合指数が前年比で約12年半ぶりの大幅な伸びとなったことを受けて、アメリカで“インフレ”懸念が台頭し、予想よりも早期に利上げが実施される可能性があるとの懸念から、米国株式市場は主要3指数が大幅続落した」(2021/05/13 ロイター通信)。SBGの主な投資先企業は、IT企業や新興企業なので、マーケットの先行きに不安が出れば、SBGの業績見通しは疑問視される。それでなくとも、大借金を抱えているので、1株利益が2,600円あっても1株あたりの配当は44円(配当利回り0.52%)という「しぶちん」である ―― 傘下の通信会社ソフトバンクは1株利益100円ほどだが、1株あたりの配当は大盤振る舞いの86円(配当利回り6.1%)という親孝行ぶりである。

 

 「世界は人為的につくられた流動性で溢れている。この流動性の恩恵(引用者注:すべての資産価格の上昇)を受けることができた人たちは笑いが止まらない状態だ。各国中央銀行は、経済をコントロールし、危機を『好きなように』止めることができると信じて自己満足に陥っている。しかし、急激なインフレが発生すれば、中央銀行は最終的に利上げを余儀なくされ、過大なレバレッジをかけてゾンビ化した企業や債務超過でゾンビ化した欧州諸国は連鎖的に倒れるだろう。金融市場の完全な混乱によって世界が不況か恐慌に陥るのは明らかだ」(3/4 石原 順から抜粋・再構成)。

 

 SBGの主戦場であるアメリカのマーケットが崩落すれば、ばくち打ち・孫 正義のSBGは、バブル崩壊後の日本の金融機関のように国民の税金による救済措置(なにしろ「大きすぎて潰せない」)を与えられることになるのだろうか・・・。